ホーム > 技術 > どんなときに使ってほしいかで店舗の内装を考える

どんなときに使ってほしいかで店舗の内装を考える

落ち着いてじっくり考えたいときに入るお店は、薄暗くて落ち着いた雰囲気のところです。友達と待ち合わせて長々と話をするようなお店は、明るく開放的なかんじの場所です。私たちは、店舗の内装によって店選びを知らず知らずのうちにしているのかもしれません。落ち着いたお店では、他のお客さんも一人で居るのを満喫していたり、誰かと話すときも周りの迷惑にならない程度の声で話しています。反対にみんなが楽しく話しているようなお店で「静かにして欲しい」と苦情を入れるのは少々場違いなかんじがありますよね。

 

店舗 内装

 

店舗の内装を考えて迷ったときは、どんな場所として使って欲しいかということも気にすると見えてくるものがあるかもしれません。お店のイメージがよりハッキリするのではないでしょうか。


関連記事

  1. どんなときに使ってほしいかで店舗の内装を考える

    落ち着いてじっくり考えたいときに入るお店は、薄暗くて落ち着いた雰囲気のところです...

  2. テスト

    テスト記事です。...