ホーム > 日常 > 自己破産の手続きについて

自己破産の手続きについて

自己破産の手続きまでの間は提訴というような法によった要求は許可されています。

 

とくに破産申請の書類手続きに入ってから申請までに無駄な時間がかかってしまった際には債権人に裁判を起こされる危険性が増えます。

 

債権保有者サイドからすると未納分の払込もせずに重ねて破産のような法律上の手続きもしないという状況であるとグループの中で完結処理を行うことができないせいです。

 

要は審議が終わってどんな判断がされようとも自己破産手続きの申請人にお金を完済する能力はありません。

 

債権者もそのことは理解の上、訴訟という威嚇行為で、上手に和解にし返済させるとか債務人の家族や親族に返済してもらうことなどを目標にしている場面もありえます。

 

(補注)西暦2005年1月1日に改正がなされた新しい破産の法律において自己破産手続きの後は差し押さえなど司法的な要請については実効性をなくすこととなりました。

 

ですから、従前の破産法の際と異なり裁判提起をしたとしても無駄に終わる可能性が高いから、裁判提起をする債権人はほとんど消えると予想します。

 

そういう観点でも、平成17年の1月1日に改正され破産申立はそれまでより使いやすくなったと思います。

 

支払いの督促の際においては督促というのは、国が借金者に対して債務の完済をせよという通知です。

 

普通の提訴をする流れとは別で取り立て業者の一方通行な主張を聞きながら進められるためオーソドックスな審理のように日にちとお金が高くなりすぎないので、債権人がよくとる法的な手法です。

 

督促の請求があった場合、裁判所によった督促状が配達される運びとなってその知らせが配達されてから2週間以上が経過した時債権者は負債者の財(給与債権も対象として)に差押え行為が実行可能になってしまいます。

 

支払督促に向かって異議の届出を提出することができるなら、通常の争いに移ることになります。

 

(注意)通常の審理は長期化しがちですので免責まで決定がくだらない推測が濃厚になります。


関連記事

  1. 仲良くしていた人に浮気されました

    あーあ、ずっと仲良くしてた人がいるんですけど、その人に浮気されました。やっぱり調...

  2. かに通販の評判は身近な人から聞くことができる?

    「かにをお取り寄せして~」と知り合いが喋っているのを聞いて、この人はセレブかと思...

  3. 旦那の職場に若い女性が多く浮気が心配です

    結婚している人なら旦那の浮気について心配している人って多いんじゃないでしょうか?...

  4. おなかいっぱい食べてダイエットをする方法、食材はこれです!

    ダイエット中は、いつもより食べるものを少なくしなきゃ…と、朝から野...

  5. 自己破産の手続きについて

    自己破産の手続きまでの間は提訴というような法によった要求は許可されています。 &...

  6. テスト

    テスト記事です。...